Auto CADとは何か

設計とそれに用いられるプログラム…それらは『設計』というものを仕事にしている人にとっても、また、それ以外の一般の人にとっても、欠かせないソフトウェアであると言えます。誰もがそれを用いて、様々なものを設計しています。
例えば今私達が住んでいるこの住まいは、誰かが設計したものです。逆に言えば、誰かが設計しなければ、誰もこれを建てることは、出来なかったのです。建築という物事には、必ずと言ってよいほど、『設計』という段階があるのです。

さて、昔は、いわゆる『設計』をどのように行っていたでしょうか。皆さんは、その図をきっと本で見たことがあるかも知れません。それは、いわゆる紙とペンを用いて、一から製図する方法です。昔はパソコンなんてなかったので、その方法が普通でした。いえ、そもそも今でもその方法が完全にすたれているわけではありませんが、今ではそれらすべてがコンピュータ化しているのです。それによって、より正確な、製図が可能となったのです。

さて、そのソフトウェアの中核を担っていると言える存在が、『CAD』です。このソフトウェアを用いる仕事を行っていない方でも、名前だけは聴いたことがあるかもしれません。その『CAD』もいろいろな種類に分かれ、現在用いられている一つが、『Auto CAD』です。では、それにはどのような特徴があるのでしょうか。全ての製図作業がコンピュータ化できる現代において、それはどのようなメリットを生み出しているのでしょうか。