Auto CAD特徴②

さて、では具体的に、Auto CADを利用することにおいての、利点にはどのようなものがあるのでしょうか。
さきほど、その特徴の大部分、いわゆるメリットとなる部分は、ほぼ挙げました。まず、『製図が簡単にできる』ということです。例えば、何も知らない初心者であっても、CADで『線を引く』、それを組み合わせて『製図(のようなもの)』を行うということが、非常に簡単なのです。もちろん、それだけの操作に特化した場合ですが。何が言いたいかというと、「分かっている人にとって」は、非常に製図が行いやすく、『管理しやすい』のです。

何故管理しやすいか、これは製図したものが『データ』として保存されているからです。これは当然のことと思われるかもしれませんが、紙に直接書き込んで行う製図とは、どのくらい汎用性に富んでいるかがわかるでしょう。すぐに誤ったデータは修正、変更・消去を行うことができますし、その設計データを他の機会にも流用することができます。

ですから、いわゆる設計者はこのCADを用いない手はありません。ただし、誤解していただきたくないのは、『線を引く』という行為自体が簡単なのであって、それらが何かを理解していて、どこを修正すればこうなる、という点を理解している必要があります。