誰でも利用できる

私達が快適に生活しているこの背景には、どこかしこに、なんらかの技術があります。それらの技術があって、そしてその技術を実際に使いこなせる人がいて初めて、今の生活が、より快適なものとして、進歩していくことになります。そしてそこには、モノづくりの場面であっても、住宅建設の場面にあっても、『設計』という段階が、欠かせません。そしてそれらの設計に基づいて、私達の生活を少なからず豊かにしていくものが、作られていくのです。その場面において、『Auto CAD』が大きい役割を果たしているのは言うまでもないでしょう。
Auto CADを完璧に使いこなせる人がいる、そしてそれをもっと高い有用性のあるものにしていくための、運用している人がいる、それを私達は、たとえそれを用いないとしても、知っておくことができるでしょう。

さて、Auto CADというソフトウェア自体には、様々なOSに合わせて設計されたソフトウェアがあります。
まず基本となる、全ての機能が搭載された、『Auto CAD』、そしてその簡易版となる、『Auto CAD LT』、そしてそれらで設計した製図をアプリケーションで扱うことのできる、無償の『Auto CAD 360』があります。また、こちらのAuto CADの互換ソフトのようなサービスもあります。これらをフル活用していくうえで、サブスクリプションでも提供されています。

Auto CAD特徴②

さて、では具体的に、Auto CADを利用することにおいての、利点にはどのようなものがあるのでしょうか。
さきほど、その特徴の大部分、いわゆるメリットとなる部分は、ほぼ挙げました。まず、『製図が簡単にできる』ということです。例えば、何も知らない初心者であっても、CADで『線を引く』、それを組み合わせて『製図(のようなもの)』を行うということが、非常に簡単なのです。もちろん、それだけの操作に特化した場合ですが。何が言いたいかというと、「分かっている人にとって」は、非常に製図が行いやすく、『管理しやすい』のです。

何故管理しやすいか、これは製図したものが『データ』として保存されているからです。これは当然のことと思われるかもしれませんが、紙に直接書き込んで行う製図とは、どのくらい汎用性に富んでいるかがわかるでしょう。すぐに誤ったデータは修正、変更・消去を行うことができますし、その設計データを他の機会にも流用することができます。

ですから、いわゆる設計者はこのCADを用いない手はありません。ただし、誤解していただきたくないのは、『線を引く』という行為自体が簡単なのであって、それらが何かを理解していて、どこを修正すればこうなる、という点を理解している必要があります。

Auto CAD特徴①

ではまず、分かっていそうで分かっていない、CADというソフトウェアについて説明します。
そもそもCADというソフトウェアは、それがなす役割を短縮化して呼称したものです。それは略さずに言うと、『computer aided design』となります。これは、設計そのものを、コンピュータの手を借りて行おう、というものです。当然ながら、本来の製図方法では、いわゆる『効率』の面では良いものとは言えませんでした。しかしそれがコンピュータ化したことによって、利便性も汎用性も驚くほど向上しました。いえ、それは必然の変化であったと言えます。当然ながら、これはいわゆる『製図』を行うためのソフトウェア(サービス)ですが、本来の持ち方は、単に家やビルなどの建物を設計するためだけのものではありません。自動車などの乗り物、それに用いられる部品、それらに用いられるCADもあります。

それらを挙げていくときりがないですが、要は様々な分野での『設計』に用いることができるものです。それは今までにいくつものバージョンアップが行われ、現代で用いられているCADは、様々な機能が追加されたり、操作性や利便性が非常に向上しています。では、最新のCADでは、どのようなことが可能なのでしょうか。

Auto CADとは何か

設計とそれに用いられるプログラム…それらは『設計』というものを仕事にしている人にとっても、また、それ以外の一般の人にとっても、欠かせないソフトウェアであると言えます。誰もがそれを用いて、様々なものを設計しています。
例えば今私達が住んでいるこの住まいは、誰かが設計したものです。逆に言えば、誰かが設計しなければ、誰もこれを建てることは、出来なかったのです。建築という物事には、必ずと言ってよいほど、『設計』という段階があるのです。

さて、昔は、いわゆる『設計』をどのように行っていたでしょうか。皆さんは、その図をきっと本で見たことがあるかも知れません。それは、いわゆる紙とペンを用いて、一から製図する方法です。昔はパソコンなんてなかったので、その方法が普通でした。いえ、そもそも今でもその方法が完全にすたれているわけではありませんが、今ではそれらすべてがコンピュータ化しているのです。それによって、より正確な、製図が可能となったのです。

さて、そのソフトウェアの中核を担っていると言える存在が、『CAD』です。このソフトウェアを用いる仕事を行っていない方でも、名前だけは聴いたことがあるかもしれません。その『CAD』もいろいろな種類に分かれ、現在用いられている一つが、『Auto CAD』です。では、それにはどのような特徴があるのでしょうか。全ての製図作業がコンピュータ化できる現代において、それはどのようなメリットを生み出しているのでしょうか。